プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ティーエ お勧めとくぎと育成法 稀少な「やみのたまご」をどう使う!?


「ロトの紋章」とのコラボイベントのログインボーナス、宝箱より入手できるSランクモンスター、ティーエ。

 

過去のコラボイベントでも、ログインボーナスとしてSランクモンスターは出現したものの、どれもモブキャラとしての位置づけばかり。

 

本イベントのコラボにて実装されたティーエについても、モブキャラとして薄い期待が寄せられる程度となりますが…

意外な程、優秀な特技、特性を持ち合わせているモンスターとなっておりました。

という訳で、ティーエのステータス、とくぎについてレビューをお送りしていこうと思います。

スポンサードリンク

ティーエ(S) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:なし


ティーエ(S)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
ティーエ(☆なし) 508 303 145 335 378 338
ティーエ(☆4) 598 359 172 393 444 397

「ロトの紋章 冒険編」のログインボーナス等で入手出来る、ティーエ。

MPと賢さはそこそこ、素早さは高めながら、☆4でなければ厳しいステータスとなります。

とはいえ、入手が容易であるため、☆4の育成もしやすいので、☆付けを前提にした育成をお勧めします。

 

ティーエ(S)とくぎ、特性、耐性

ティーエ(S) とくぎ
せかいじゅの葉
タイターンの針(敵全体に攻撃後、確率でマヒ)
ティーエ(S) 特性
【リーダー特性】全系統のMPを10%アップ
妖精の導き(毎ラウンド味方1体の攻撃力を1段階アップ)
回復のコツ

とくぎに「せかいじゅの葉」を持つ上、回復のコツも持つティーエ。

特性の「妖精の導き」もランダムながら味方の攻撃力を自動的にアップさせる為、物理パーティーのサポートとして活躍できます。

特技2枠を、「やみのたまご」を使って編成出来るので、ヒーラー、呪文アタッカーなど、好みのタイプへ育成することが可能です。

 

やみのたまごで覚えられる特技
いあい斬り
メッタ斬り
マヒャド
ベホマ
インテラ
マジックバリア
斬撃よそく
いてつく眼光
つるぎのまい
ベギラゴン
ランドインパクト

やみのたまごは「ロトの紋章 冒険編」でのドロップにて、入手可能となります

スポンサードリンク

ティーエ(S) のお勧めとくぎと育成法の考察

☆4までの育成が前提にはなるものの、MPと賢さがそれなりに高く成長するティーエ。

特性に「回復のコツ」、とくぎに「せかいじゅの葉」を持つ上、素早さも高くなっているので、闘技場、クエストの両面に使用が可能となります。

 

クエストを主体にする際は、回復モンスターとしての育成がお勧めとなるので

・ベホマ

・マジックバリア

・いてつく眼光

がお勧めの特技に

 

闘技場での素早い呪文アタッカーに育成する際は、

・ベギラゴン

・マヒャド

を覚えさせ、対戦相手の耐性に合わせた使い分けを狙っていきましょう。

ティーエ(S) 闘技場、クエストでの使用感

 

コラボイベント恒例のモブキャラかと思いきや、意外な程に優秀な特技、特性を備えて実装されたティーエ。

やみのたまごが持つ特技との相性も良く、ヒーラー、呪文アタッカーのどちらにも育成が目指せます。

 

ただ、呪文アタッカーに編成する場合はMP消費が多い上、各攻撃魔法のコツ持ちで無い点を考えると、闘技場がメインとなります。

また、闘技場メインに育成しながら、ベホマの様な中途半端な回復手段を持たせると、器用貧乏にもなりかねません。

 

従って、クエストメインでの育成ならヒーラー

闘技場、GPメインでの育成を目指すなら呪文アタッカー&万が一のせかいじゅの葉要員

といった様に、活用の目的に合わせ、特化させる育成が望ましくなります。

 

なお、呪文アタッカーへの育成を行うに当たって、

・ベギラゴン

・マヒャド

の両やみのたまごは強力な上、稀少な転生たまごとなる為、早急な育成はお勧め出来ません。

 

本イベントの続編開催や、新モンスターの実装も予想されますので、ある程度モンスターやまかいのたまごが出揃った上での育成をお勧めします。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。