プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

氷炎将軍フレイザード お勧めとくぎと育成法 有能すぎる特技、耐性を活かすには!?


DQMSL×ダイの大冒険コラボイベントより、第二弾の新実装モンスターが登場!

今回登場したのは、3月のらいなまでも告知のあった通り、「氷炎将軍フレイザード」が登場となりました!

 

すでにクエストのボスとして出現しているフレイザード。

とくぎや耐性などについては、ある程度予想が出来ていましたが、実装されたVerではクエスト出現時よりも優秀な特性を持ちながらの登場となり、早くも闘技場での乱舞が期待されています。

 

では、氷炎将軍フレイザードの詳細を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

氷炎将軍フレイザード(SS) ステータスとお勧めとくぎ

 

転生ルート:フレイザード(S)→ 氷炎将軍フレイザード(SS)

 

氷炎将軍フレイザード(SS)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
氷炎将軍フレイザード(☆なし) 601 328 342 466 365 248
氷炎将軍フレイザード(☆4) 707 386 401 548 430 291

ステータスの数値のみを見てしまうと、SSでありながらも抜き出た部分を感じないイメージとなるフレイザード。

ですが、このステータス値だけでは判断できない特技、耐性の高さ、そして特性を持ち合わせていることが、「氷炎将軍」の名にふさわしくDQMSLにも反映されています。

スポンサードリンク

氷炎将軍フレイザード(SS)とくぎ、特性、耐性

 

氷炎将軍フレイザード(SS) とくぎ
五指爆炎弾(敵全体にランダムで5発のメラ系ダメージ 1発当たりのダメージ量は等倍で約230)
弾岩爆花散(敵全体にランダムで6発のメラ系とヒャド系ダメージ 1発当たりのダメージ量は等倍で約180 発動後自分にもダメージ付与)
氷漬け(敵一体に通常攻撃の1.8倍となるヒャド系ダメージ後、付与ダメージの1/3MPが回復)
氷炎爆花散(敵全体にランダムで6発のメラ系とヒャド系ダメージ後、各耐性ダウン 1発当たりのダメージ量は等倍で約80)
氷炎将軍フレイザード(SS) 特性
【リーダー特性】物質系のMP20%アップ
つねにみかわしきゃく
勝利への執念(HP0時に必ず発動、ラウンド最後に行動するまで生き残る)
自動HP回復(行動後、最大HPの5%が回復)

中二病全開な名前のとくぎを兼ね備えたフレイザードですが、その威力はどれも強力なものとなります。

賢さの低さが目に付きはしますが、どのとくぎも体技であったり、等倍ダメージとなるため、ステータスによるダメ-ジ量の変動が無いのも特徴的です。

SSモンスターとしては珍しく、AI2回行動を持ちませんが、それでも余りある特性、特技を持ったモンスターとなります。

 

氷炎将軍フレイザード(SS) のお勧めとくぎと育成法の考察

外観通り、ヒャド&メラ系のとくぎを多数持つフレイザード。

Sで習得する「氷炎爆花散」は、ダメージ量こそ多くないものの、ヒャド&メラ系耐性をダウンさせるため、同耐性が半減以上の相手であれば耐性ダウン後に、

・五指爆炎弾

・弾岩爆花散

といったとくぎで大ダメージを期待することが出来ます。

 

MP消費量の多さが目立つものの、もう一つのとくぎである「氷漬け」を使用することで、MP回復が可能。

(こちらも、ヒャド系耐性が半減以上であれば使用可能です)

自動HP回復も所有しているので、長丁場のクエストでも自給自足し、安定した強さを発揮できる特技構成となります。

 

闘技場での対人戦使用を考えると、MP回復を利用したザオリク等も付けたいところではありますが、ベースの特技が安定して利用しやすい特技となるため、余程の狙いが無い限りは、デフォルトのとくぎ構成での利用がお勧め出来ます。

 

氷炎将軍フレイザード(SS) 闘技場、クエストでの使用感

強力なとくぎ、特性の多いフレイザードですが、その本領が発揮されるのは、やはり闘技場。

対戦相手の耐性に併せて、

・五指爆炎弾

・弾岩爆花散

を使い分ける基本パターンに加え、「亡者の執念」の上位互換的な特性となる「勝利への執念」がとにかくヤバい。

HPが0になっても、必ず発動する同特性を活かすべく、弾岩爆花散をセットするだけで確実な全体ダメージが期待出来ます。

 

加えて、「つねにみかわしきゃく」を持ち、更にはメラ&ヒャド吸収の高い耐性も見逃せません。

なにより、とくぎの多くが固定ダメージとなる体技中心であり、「勝利への執念」をベースとして考えるのであれば、無星でも十分な働きが期待出来ます。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

 

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。