プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

不死鳥ラーミア☆4+4が完成 オススメとくぎは?

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め

1月23日土曜日。

DQOMSLがスタートして、まる2年となったこの日。

一気に各所でイベントが開催されました。

 

2周年に関連した各イベントについては、また別記事にて書こうと思いますが

まず、事前予告通りにスタートした、DQカーニバル ドラクエ3。

 

こちらも昨年開催されたイベントのリニューアル版、との事ですが

今回は、同イベントで入手出来る、

・不死鳥ラーミア

・ヒドラ

の2体に、新生転生が追加されました。

 

過去のイベントでも入手出来た、不死鳥ラーミアですが

数少ない???系の回復系モンスターということながら、

無課金でも☆4、☆4+4が作りやすく、重宝するモンスターとの事。

 

すでにトワイライトメア級のヒーラーが居るパーティーなら

重要度は差ほど、になるかと思いますが

せっかくの非ガチャ産で育成できる☆4モンスターですので

早速、4+4の育成を進めてみました。

 

■ スポンサードリンク

 

 

不死鳥ラーミア 育成までの手順

まず、ラーミア育成には「DQカーニバル ドラクエ3」の

中級、超級にて入手出来る6種のオーブを一通り揃え、ラーミア(A)を育成します。

 

その後、ラーミア(A)に同クエスト超級で入手出来る

「ふしちょうのたまご」を使い、転生を行う事で

不死鳥ラーミア(S)が完成、Sから新生転生が行える

といった手順となり、少々手間の掛かる転生が必要となります。

 

とはいえ、各オーブのドロップ率が高く、

超級であれば、1度の周回につき、2~3個のオーブが入手出来ます。

 

また、超級のリスト報酬で獲得できる「ふしちょうのたまご」は

計6個となるのですが、それぞれが異なるとくぎを持っており

ラーミアのとくぎをカスタマイズするためには、結局

同超級を50周する必要があります。

 

上記した50周を周回すれば、おおよそどのプレーヤーも

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め

これくらいのラーミアが作成出来るほどに、オーブが入手出来るハズです。

(プレーヤー毎に、落ちづらいオーブがあったりはします 笑)

不死鳥ラーミア(4+4 新生転生) ステータスとお勧めとくぎ、評価

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め● 転生ルート

ラーミア(A)→ 不死鳥ラーミア(S)→ 不死鳥ラーミア(新生転生)


 

前述した通り、☆4はおろか、4+4でも育成が容易となる、不死鳥ラーミア。

今回は表題通り、4+4にチャレンジしてみました。

 

まず、ベースとなるラーミア(A)ですが、

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧めこちらの☆4ステータスが、この様になります。

スポンサードリンク

ひかりのブレス以外のとくぎは、ラーミアへの転生時に自由変更出来ますが

ヒーラー担当という事で、全てベホイミを加え転生を行ったところ、

まさかの+3まで成長を(笑)

 

まあ、この時点で取得しているとくぎは、新生転生までの間に取得する

とくぎと入れ替わるものばかりですので、+については拘りを持たない方が無難です。

 

続いて、不死鳥ラーミアのステータスですが、まずこちらが通常のS。

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め

そしてこちらが、先ほどの+4ラーミアをベースにした、+4不死鳥ラーミア。

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め

まあ、見ての通りステータスについては、誤差の範疇くらいとなります(笑)

ただ、A時点でパワーアップを行った事で、+のついたとくぎを

引き継いで来れたところが、大きな違いとなりますね。

 

そして、上記ベースを☆4にして、新生転生を果たした結果がコチラです。

DQMSL 攻略,DQ3カーニバル,不死鳥ラーミア,とくぎ,お勧め

通常Sのラーミアから比較し、MPが50増えている点を始め

各ステータスが50前後アップしている感じでしょうか。

 

何より、☆4にしてから新生転生を行う事によって

転生以前のとくぎに対し、☆の数だけ+付けの判定が行われますので

ギガデインの+1を始め、ひかりのブレス、ベホイミが+3になった点は

けっこうな成功事例かと思います。

 

ただ、残念な事にコチラのラーミア。

ベホマラーを付ける前に新生転生を行ってしまったので

ベホマラーに対する+付けチャンスを得る事が出来ず

エラく攻撃的なラーミアとなってしまいました(笑)

 

ラーミアの位置取りとしては、???系ながらの回復担当となるので

正直、ひかりのブレスへの+付けは、どちらでも良かったのですが

せっかくの+3ですし、残したくなりますよねえ・・・。

 

とはいえ、やはりラーミアに付けるとくぎは、

・ベホマラー

・ひかりのはどう

 

この2つは鉄板となり、あと1つについては、

クエストでの便宜性を考えると、ピオリムあたりが妥当に思います。

 

まあ、私のように育成課程で+3まで成長してしまったのなら、

MP自動回復もありますから、ひかりのブレスを残し、

攻撃的なラーミアを作成してみるのもアリかも知れませんね(笑)

 

■ スポンサードリンク

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。