プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

コアトル 新生転生後の特性、ステータス 特性面で大幅な強化!ふしぎなたまごはどう使う?


不定期開催のイベントであるはずなのに、数ヶ月に1度ペースで開催されている「魔物たちの楽園」。

今回のイベントでは新たに2体のモンスターに新生転生が追加されました。

 

本記事ではうち一体となる「コアトル」の新生転生についてご紹介します。

ふしぎなたまごを使い、特技のカスタマイズが出来る事から、初心者のうちは重宝するものの、度重なるインフレの波には逆らえなくなったコアトル。

ですが、新生転生が加わることにより、いかほどのパワーアップを果たすのか楽しみでもあります。

 

では早速、新生転生を果たしたコアトルの詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

コアトル(新生転生) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:なし(入手時ランクはSとなります)


コアトル(新生転生)とくぎ、特性、耐性

新生転生により、変更・追加となった特性

(赤字が新生転生で追加、変更された特性)

【リーダー特性】ドラゴン系の攻撃力と防御力を10%アップ
AI2回行動
とうこん(力尽きる前に確率で3回発動し、HP1の状態で生き残る)
キケンなキバ(通常攻撃時、毒/マ素に大ダメージ)
素早さ+100
新生転生により、追加されたとくぎ
蛇竜の強襲(ラウンドの最初に行動し斬撃ダメージ後、確率で猛毒)
ベノムブレス(敵全体に息ダメージ後、確率で猛毒)

新生転生により、特性に大幅なパワーアップが加わったコアトル。

これまで猛威を振っていた、獣王クロコダインと同じく「とうこん」を習得したことにより、GPや闘技場での活躍が期待出来る様になりました。

また、AI2回行動に加えて、通常攻撃が毒/マ素状態に大ダメージを与える「キケンなキバ」が追加された事で、特技以外の面でも働きが期待出来ます。

 

追加された2つの特技は、どちらも猛毒を引き起こすものとなります。

マ素化を引き起こすガルマザードを始め、状態異常でダメージ量を増加するモンスターとのパーティーでは活躍を期待出来る成長を果たしました。

 

ふしぎなたまごより習得できる特技一覧

「魔物たちの楽園」で入手出来るモンスターは、以下の「ふしぎなたまご」を使った特技の編成が可能となります。

メラゾーマ ベギラマ
ベホイミ ベホマラー
マインドバリア 大魔神斬り
マヒャド斬り かみくだき
ダークウィップ 吸血
天使のうたごえ みがわり
斬撃よそく まがまがしい光
しゃくねつ火球 かがやく氷結
やけつく息 アシッドブレス

コアトルの固有特技は

・蛇竜の強襲

・ベノムブレス

・ポイズンブレード

の3つとなり、ポイズンブレードを含む2枠については上記「ふしぎなたまご」からの転生が可能となります。

 

コアトル(新生転生)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
コアトル LV80 525 168 406 334 311 202
コアトル(☆4) 615 200 479 392 368 242
コアトル(☆4/新生転生) 615 200 479 392 418 242

魔物たちの楽園にてドロップするモンスターとなる為、基本のステータスは低めの設定となります。

従って、☆4に育成することが前提条件となりますが、同育成を果たすことで攻撃力、HPはそれなりの数値に到達。

加えて、新生転生により素早さが増加したことや、確実に先制攻撃できる「蛇竜の強襲 」も習得した為、素早さが活きるGP等でも働きを期待出来る低ウエイトモンスターとなります。

スポンサードリンク

活躍チャンスは残る2枠の特技次第?  新生コアトルのお勧め育成、とくぎ編成

新生転生以前は、預かり所以外で姿を見る機会が皆無であった、コアトル。

ですが、新生転生によって特性面での大幅強化や、先制攻撃で発動する特技を習得したことにより、闘技場、GPでの活躍機会を得るパワーアップを果たしました。

ただしパワーアップ果たしたものの、MPの低さは変わらずとなる為、クエストでの利用は考えず、GP闘技場を前提とした育成を考えて言うモンスターとなります。

 

GP等で活きる特性として、まず注目したいのが、「とうこん」。

HPが尽きる前に最大で3回、敵の攻撃を耐える同特性は、敵のAI攻撃を一手に受け止めるデコイ(囮)役として活躍が期待出来ます。

確実に先制攻撃を放てる「蛇竜の強襲 」との相性も良く、同特技を発動すれば、攻撃終了後にデコイにシフトする為、行動順を無駄にする事なく働かせることが可能。

 

対戦相手の毒耐性が高いケースでは、残る2枠にどの様な特技を編成するかがポイントとなります。

賢さも低く、素早さもイマイチであることを考えると、攻撃系特技は不向きとなります。

とはいえ、「とうこん」の働きにより残存率が高いことを踏まえると、

・斬撃よそく

・ピオリム(相手が斬撃系で無い場合は補助に回る)

といった特技構成を摂ることにより、活躍の幅を広げることが可能です。

 

ステータス面に於いて、攻撃力を除くと秀でた点はありませんが、

・低ウエイト(14)で利用出来る非ガチャ産

・GPでは効果を発揮する特性、特技

これらを持ち合わせているモンスターとなりますので、余裕があれば是非育成しておきたい所となります。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。