プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

第3回神獣フェスにチャレンジ!結果はまさかの・・・?

DQMSL 攻略,神獣フェス,キングスペーディオ,とくぎ,お勧め

先週よりスタートした、早くも3回目となる神獣フェス。

3000ジェムで10連を回すと、必ず金地図が1枚ゲットできるイベント

ということで、DQMSL歴が浅く、モンスターの数も揃っていない

プレーヤーにとっては、有り難いイベント。

 

なのですが、ネット上では

神獣フェスのS~SSモンスター出現率が高く設定されている

と思わせる表記を行っていた事から、不評が相次いでいるイベント

といった側面もあります。

 

分かりづらいというか、S~SSモンスターの出現率が

高いと思わせてしまう様な表記というのは頂けませんが、

10連回せば、1枚は金地図(A以上)が確定する、というだけで

他のソシャゲのガチャ等と比較しても、

精神衛生上、とても安心できるイベントに思うんですけどね(笑)

 

その辺の考え方については、賛否色々あるでしょうが

私的には、最低でも1枚の金地図が確定するイベントは

有り難く感じておりますので、今回もチャレンジしてきました。

 

なお、今回の神獣フェスについては、始めて動画を撮影しまして。

それに伴い、10連や20連では尺が短すぎてしまうために

満を持しての50連に挑んでみましたので、その様子をご覧下さい。

 

■ スポンサードリンク

 

 

【DQMSL】まさかの誤算! 神獣フェス ふくびき50連に初チャレンジ!

 

という訳で、動画の方でも公開しました通り、

今回の神獣フェスでは、神獣キングスペーディオ(SS)をゲットさせて頂きましたので

引き続き、キングスペーディオのステータスをご紹介致します。

 

神獣 キングスペーディオ(SS)  ステータスととくぎ、評価

DQMSL 攻略,神獣フェス,キングスペーディオ,とくぎ,お勧め

SSからのスタートとなるため、取得しているとくぎは

・かみくだき

・疾風迅雷

の2つのみとなる、キングスペーディオ。

 

かみくだきは、他にも所有するモンスターが多いので割愛しますが、

もう一つのとくぎである「疾風迅雷」は

使用ターンに必ず先制攻撃で全体への無属性斬撃を与える、という強者。

 

クエストでは、ただの無属性全体攻撃になりますが

闘技場では必ず最初に攻撃を行うため、2ターン目3ターン目に

敵の回復よりも早く攻撃できる、強力なとくぎとなります。

 

その他、特性と耐性については以下の通りで、

スポンサードリンク

DQMSL 攻略,神獣フェス,キングスペーディオ,とくぎ,お勧め DQMSL 攻略,神獣フェス,キングスペーディオ,とくぎ,お勧め DQMSL 攻略,神獣フェス,キングスペーディオ,とくぎ,お勧め

少なめのMPをカバーする、自動MP回復を始め、

ランダムながら、発動するとマインド系攻撃やステータスダウン系を

全て無効にする、神獣の加護など、特性も豊富です。

 

耐性についても、ドルマと毒は弱点となりますが

それ以外に弱点は無く、半減以上の耐性が豊富となります。

 

神獣 キングスペーディオ(SS)お勧めとくぎは?

キングスペーディオはSSスタートのモンスターとなるため、

転生前から引き継げるとくぎは無く、

かみくだき、疾風迅雷以外のとくぎについては、とくぎ転生にて自由に選ぶ事が出来ます。

 

が、キングスペーディオをとくぎ転生するたまごは、

・マスターエッグ ✕2

・キングタマゴロン ✕2

となるため、転生出来るとくぎが限られてくる部分が、難点となります。

 

また、キングスペーディオの攻撃力、すばやさを活かす事を考えると

必然的にお勧めとくぎとなるのは、

・ふうじん斬り

・こんしん斬り

・ピオリム

あたりになってきますね。

 

はやぶさ斬りなどを追加できれば最高なんですが・・・

これはまた、タマゴロンの隠れ家を周回するしかありませんね(笑)

 

SSスタートとなる上に、神獣フェス期間しか入手出来ないモンスターとなるので

☆付けはおろか、入手自体が難しいモンスターとなりますが

獲得した際にはぜひ、闘技場で活躍させてみましょう!!

 

■ スポンサードリンク

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。