プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

クラ-ゴン☆4を新生転生してみたら、案外ヤバいw

DQMSL攻略,大王イカ,テンタクルス,クラ-ゴン,新生転生,☆4,育成,とくぎ

1/12に突如、追加された新生転生。

通常は、らいなまでの放送を経て、翌日以降に追加されるのが定例でしたが

今月は正月休みもあってか、らいなまの放送を待たず、いきなりの発表でしたね。

 

追加された新生転生モンスターのうち、とりあえず現状で

☆4まで育成し、新生転生までイケるクラ-ゴンを、早速転生してみましたのご紹介します。

 

■ スポンサードリンク



 

クラーゴン(S ☆4) 新生転生のステータスとお勧めとくぎ、評価

まずこちらが、新生転生前のクラ-ゴン(☆4)のステータスになります。

DQMSL攻略,大王イカ,テンタクルス,クラ-ゴン,新生転生,☆4,育成,とくぎ

☆4ともなると、HPは800越え、攻撃力も500オーバーとなり

SSモンスターと比較しても引けを取らない、高ステータスな打撃パーティーとなります。

ただ、賢さとMPに難がある点と、素早さが尋常が無く低い点から

闘技場での使用には不向きなモンスターとなります。

 

続いて、こちらが新生転生後のクラ-ゴン(☆4)のステータスです。

DQMSL攻略,大王イカ,テンタクルス,クラ-ゴン,新生転生,☆4,育成,とくぎ

転生ルート:

大王イカ(B)→ テンタクルス(A)→ クラ-ゴン(S)→ クラ-ゴン(新生転生)


 

新生転生により、新たに取得したとくぎが2つ、

・アンカーナックル(ラウンドの最後に行動し、敵一体に特大ダメージ)

・メイルストロム(敵全体にヒャド系の特大ダメージ)

これらとなります。

 

このうち、アンカーナックルは初登場となるとくぎなのですが

クエストの場合は使用後に発動、上記したラウンド最後の行動となるのは

闘技場に限り、といった条件になっています。

 

ダメージの方もかなりなもので、闘技場で使用した際には

相手次第では1000近いダメージを与え、命中すれば即死は免れない

高い攻撃力を誇るとくぎです。

 

アンカーナックルを発動するにあたり、問題視されていた素早さも

DQMSL攻略,大王イカ,テンタクルス,クラ-ゴン,新生転生,☆4,育成,とくぎ

スポンサードリンク

新生転生によって+100となり、それなりのステータスに向上しました。

 

また、防御力も+100となり500弱まで向上、

更にはAI2回行動と、ときどきバイキルトも備えており

完全な肉体派モンスターになります。

 

耐性については、

DQMSL攻略,大王イカ,テンタクルス,クラ-ゴン,新生転生,☆4,育成,とくぎ

ギラこそ弱点になるものの、バギ、デイン無効

メラ、ザキ、マヌーサ、毒、ねむり、マヒについては半減となり

そこそこに高い耐性となっています。

 

アンカーナックルと共に、新しく身につけたとくぎの

メイルストロムについては、MP消費の多さと、クラ-ゴンのMPの少なさを

考慮すると、闘技場の開始1ターンで使うかどうか、といった感じですね。

 

むしろ、1ターン目終わりにアンカーナックルを発動しておき

2ターン目にはメイルストロムで、残ったモンスターを一掃、といった

行動パターンが中心になりそうです。

 

元より高いHPに加え、防御も+100アップしたので

1ターン目ラストまで、生き残すことができるかどうか、が

新生転生クラ-ゴンの使い勝手を分けるポイントとなりそうです。

 

なお、☆4からの新生転生を図ったものの、とくぎに付いた+は

アンカーナックルのみ、と残念な結果に終わりました(涙)

※ ばくれつけん、ふうじん斬りの+は、転生前より引き継いだものとなります。

 

ちなみにこの、アンカーナックル。

ラストに発動すると特大ダメージ、との説明にある通り

試しにみん冒で使用してみた所・・・1撃で1000を越えるダメージに(汗)

 

想像以上に破壊力のあるパンチではあるのですが、複数体のクラ-ゴンが

パーティーにいて、全員でアンカーナックルを発動したとしても

特大ダメージがカウントされるのは、最後の1体のみ、となる模様です。

 

しかも、これだけ破壊力あるパンチを繰り出せるクラーゴンながら

みん冒に入れようとすると、パーティーを解散されやすい、なんて噂も(笑)

 

見た目や、過去のイメージが原因なのか、まだまだ認知されていないモンスターではありますが

新生転生によって、大幅なステータスアップを果たしたモンスターとなりますので

ぜひこの機会に、評価を改めて貰えればと思います。。。

 

■ スポンサードリンク



 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。