プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ハーゴンSSが、ついに新生転生完了!!

DQMSL攻略,シドー,ハーゴン,新生転生,育成,とくぎ

12月の魔王フェスにて、なんやかんや沢山の魔王を入手出来たものの

・まおうのたまごが、なかなかドロップしない

・新生のたまご各種は、更にドロップしない

この立て続けとなってしまい、転生が手つかずとなっていたものの・・・

 

1月に入り、各種地獄級のリストが一新され、ようやくたまごの回収に成功。

その第1弾として今回は、ようやく新生転生を果たすに至った、

ハーゴンのステータスを公開してみようと思います。

 

■ スポンサードリンク



 

ハーゴン(SS 新生転生)のステータスととくぎ、評価

DQMSL攻略,シドー,ハーゴン,新生転生,育成,とくぎ転生ルート:

ハーゴン(S) → シドー(SS)→ ハーゴン(新生転生)or シドー(新生転生)


 

2015年11月に、新生転生が追加された破壊神シドー(ハーゴン)。

竜王同様、SSのシドーから

● 新生転生ハーゴン(イオグランデ、邪悪な祈り)

● 新生転生シドー(ドルマドン、破壊神の叫び)

いずれかに転生先を選択できる仕様の魔王になります。

 

ただし、新生転生にはしんせいの覇玉✕3が必要となるものの、

ドロップ率は限りなく低い上に、1ヶ月にリストで入手出来るのは2つのみ。

しかも、その貴重な覇玉を12月には、バラモスゾンビの新生転生に利用してしまったため、

12月中旬に入手しながら、1か月押しでの新生転生となってしまいました。

 

さて、ハーゴンとシドー、どちらへの転生を選ぶのか、が

まず最初の鬼門となるのですが、私は迷わずハーゴンを選択。

 

理由としては、クエストでの利用を考えた場合、現在究極転生等で

ぶきみな光(まがまが)を担当している、パフパフ姉さんこと、ヘルヴィーナスが

各所ステータス共に、さすがに編成の中で浮き出してしまった事。

 

まがまが持ちのモンスターであれば、他にも新生ゲマや、新生ムドー、

少し系統違いではあるが、クラウンヘッドやダークサタンなどもいるのですが

究極転生など、出現モンスターの多いクエストでは、複数モンスターに対し、

まとめて魔法防御を下げられるぶきみな光の方が使い勝手が良く感じます。

 

また、転生前から引き継げるドルモーアだけでなく、イオ系最強の火力を誇るイオグランデが使える上に、

消費量の多い魔法が多く、不足しがちなMPを、邪悪な祈りで回復できる(MP180前後を回復)点など

スポンサードリンク

長丁場のクエストでは、間違いなく活躍するであろう事から、ハーゴンを選択してみました。

 

DQMSL攻略,シドー,ハーゴン,新生転生,育成,とくぎ

ただし、とくぎを除くその他の特性については、

新生竜王(人型)と比較し、大きな性能差はありません。

 

というより、新生竜王(人型)が優秀過ぎる訳ですから

それと同等のステータスを得られるハーゴンも、十分過ぎるほどに優秀ですよね。

 

 

 

DQMSL攻略,シドー,ハーゴン,新生転生,育成,とくぎDQMSL攻略,シドー,ハーゴン,新生転生,育成,とくぎ

また、各種耐性も非常に高く、弱点となるのはブレス封じのみ。

これについても、シドーからかがやく息を引き継いでこなければ、関係の無い弱点。

メラ、イオ、デインこそ等倍となるものの、

ヒャド無効&ドルマ吸収は、どこのクエストにも柔軟に対応できるステータスになります。

 

しかも、こちらのハーゴン。

実は、前回の魔王フェスと、その前の自炊ガチャとで、合わせて3体を入手してしまったため、

早くも☆2まで育成してしまいました・・・(汗)

 

お陰で、若干の不安があったHPも600台中盤となり、また素早さも358までアップしました。

手動でのMP回復が行えながら、基本MPでも472となるので、ガス欠の心配もかなり薄く

ドルモーア、イオグランデ共に連発できる、高火力な魔王様となります。

 

リーダー特性も、呪文ダメージ18%アップと、魔法パーティーにとっては

有り難すぎる特性となりますので、随所で活躍が期待出来る魔王でした。

 

■ スポンサードリンク



 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。