プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ダグジャガルマ ステータスとお勧めのとくぎ編成 物理ダメージに滅法強い魔王が降臨!


3月の新実装モンスターとして登場した、ダグジャガルマ。

DQMJシリーズのボスとして登場したモンスターが、DQMSLの新魔王として実装されるものとなりました。

 

従来の魔王とは使い勝手が異なる上、新実装される特技、特性が多く、初見では使用感の難しい魔王となっております。

ですが、特性・特技を熟知して使いこなすことにより、対物理系パーティーには脅威とも言える存在感を発揮します。

 

それでは、新実装された魔王、ダグジャガルマの詳細について見ていきましょう。

スポンサードリンク

ダグジャガルマ(SS) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:ダースガルマ(S)→ダグジャガルマ(SS)


ダグジャガルマ(SS)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
ダグジャガルマ(☆なし) 712 312 309 523 241 423
ダグジャガルマ(☆4) 835 369 366 613 284 497

従来の魔王の中でも、群を抜いて素早さステータスの低い、ダグジャガルマ。

耐久力こそ高めながら、攻撃力も低く、魔法アタッカーとしての働きを担うモンスターとなります。

素早さの低さ故に、従来の魔法アタッカーと同じ働きを求めると使い勝手が悪くなりますが、以下で紹介する特技や特性を熟知して活用する事で、物理系モンスターと対峙した際には、強力なアドバンテージを得られる魔王となります。

 

ダグジャガルマ(SS)とくぎ、特性、耐性

ダグジャガルマ(SS) とくぎ
冒涜の息(敵全体に息ダメージ後、猛毒/混乱/カウントダウン状態にする)
歪曲魔瘴弾(敵一体に体技ダメージ後、全体にも体技ダメージ+攻撃力1段階ダウン、確率で攻撃力2段階ダウン)
体技代償の刻印(体技を使用したモンスターに最大HPの50%のダメージを与える効果を付与)
カオスストーム(ランダムに5回の無属性呪文ダメージ後、確率で行動停止)
ダグジャガルマ(SS) 特性
【リーダー特性】全属性のHPと防御力を15%アップ
歪みのオーラ(バトルの最初に発動し、防御力と斬撃防御をアップ、行動停止も防ぐ)
鋼鉄の遺伝子(偶数ラウンドの最初に発動し、防御力と斬撃防御をアップ)

リーダー特性を始め、防御力と斬撃防御をアップさせる特性が多数。

防御力と斬撃防御は、それぞれ別区分となる為、斬撃に対しては高い耐性を持ち合わせるものとなります。

 

4つの特技全てが固有となりますが、どれも強力な上に付与効果を与える特技が多数。

確定で全体の攻撃力を1段階下げる歪曲魔瘴弾は、ダークドレアムを中心とした斬撃主体のパーティーで効果を発揮するほか、体技による攻撃を狙うパーティーには体技代償の刻印によって、壊滅的なダメージを与える事も可能となります。

スポンサードリンク

ダグジャガルマ(SS) のお勧めとくぎと育成法の考察

ダースガルマより引き継ぐ

・体技代償の刻印

・カオスストーム

のどちらもが優秀な固有特技となる為、原則として特技編成はデフォルトの引継で問題ありません。

 

また、素早さの低さが目立つステータスではありますが、自身の防御力が高く、先制で攻撃をされたとしても持ちこたえられる耐久力が備わっています。

結果として、弱点となる素早さを中途半端に伸ばすよりは、耐久力を一層高められる防御や、カオスストームのダメージ増加を狙える賢さを中心にスキルの増加を狙いたい所です。

ダグジャガルマ(SS) 闘技場、クエストでの使用感

素早さや攻撃力の低さが目立つ為、使い勝手の難しい魔王となる、ダグジャガルマ。

その大きな特徴となるのは、圧倒的なまでの斬撃に対する耐性、防御力となります。

 

特技の「歪曲魔瘴弾」は、発動後に全体の攻撃力を確定で1段階ダウンさせるなど、物理系パーティーで対峙すると厄介な存在と言えます。

加えて、斬撃を諦め、体技での攻撃にシフトすれば、ラウンド開始時に発動する「体技代償の刻印」による与ダメージも狙える上、カオスストームによる全体への無属性呪文も使えるとあって、汎用性の高い立ち回りを狙うことが可能となっています。

 

その反面、耐性面には難が多く、ステータス異常にこそ強いものの、属性呪文、ブレスダメージは全て等倍となっています。

物理系パーティーと対峙する際には強力なくさびとなりますが、呪文・ブレスを主体とするバトルの際には、

・メカバーン

・オーシャンボーン

などの盾役モンスターとセット運用しなければ、耐久力を活かすこと無く落とされる可能性が高いので注意が必要です。

 

また、特性による高い斬撃耐性を持ってはいるものの、いてつくはどうやすさまじいオーラを受けると耐性は通常値にダウンします。

耐性アップを剥がされる前に「体技代償の刻印」を発動しておくなど、対戦時には緻密な読み合いが求められるモンスターとなりますので、自身で使う際はもちろんの事、対戦相手の戦略についても熟知する必要があります。

 

上記の通り、汎用性の高い戦略を求められるモンスターとなるので、その特徴を掴むまでは使い方に悩む魔王と言えます。

ですが、個々の特技や特性を理解しつつ、更には弱点を補うパーティー編成を組むことが出来れば、強力なアタッカー兼補助を担える魔王となりますので、まずは自身で使ったり、多くの対戦経験を積む事が、ダグジャガルマを運用するポイントとも言えます。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

 

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。