プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ドラゴメタル強 新生転生後の特性、ステータス ドラゴメタル、ついに初めての新生転生w


かみさまお願いキャンペーンにより、再度の新生転生が追加される事となった、ドラゴメタル。

従来のモンスターは、その成長度合いに差異はあれど

「新生転生した方が、強くなる」のが定例でした。

 

しかし、その常識を唯一壊すものとなったのが、ドラゴメタル。

新生転生することにより「弱くなる」モンスターであったことから、今の今まで新生転生せずに利用するプレーヤーが大多数という、悲惨な結果に。

 

そんなドラゴメタルにも、ついに人並みの新生転生を迎える日がやって来ました!!

では早速、ドラゴメタル強の成長ぶりをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

ドラゴメタル強(新生転生) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:ドラゴスライム(B)→スライムブレス(A)→ドラゴメタル(S)→ドラゴメタル強(S)

※ ドラゴメタル強への新生転生は、従来の新生転生と、強への転生と、2ルートに分岐します


ドラゴメタル強(新生転生)とくぎ、特性、耐性

新生転生により、変更・追加となった特性

(赤字が新生転生で追加、変更された特性)

【リーダー特性】全属性の斬撃耐性を1ランクアップ
ライトメタルボディ
自動MP回復
いきなりリザオラル
HP+100
新生転生により、追加されたとくぎ
チアフルダンス(見方全体のHPを大回復後、高確率で防御1段階アップ)
 

強ルートへの新生転生により、従来(新生転生時)のメタルボディが、ライトメタルボディに変更。

また、HPが+100となったため、耐久力が大幅に向上し、みがわり役としての使用感が向上しました。

特技は新実装となる「チアフルダンス」のみの追加ですが、HP回復に伴い防御を1段階アップする効果が追加され、本人の耐久力を含めパーティー全体の底上げを図れるものとなります。

 

ドラゴメタル強(新生転生)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
ドラゴメタル LV80 438 255 329 501 372 330
ドラゴメタル強(☆4/新生転生) 613 303 387 590 450 399
ドラゴメタル強(☆4+4/新生転生) 630 311 400 603 450 399

ライトメタルボディにより、与ダメージダウンの効果に加えて、高い耐久性を持つドラゴメタル。

ここにHP+100が加わったことで、盾役として一層のパワーアップが図られました。

加えて、Bスタートであることから4+4までの育成も容易。

4+4まで到達すれば、防御力は600越となる為、闘技場やGPで回復もできる盾として重宝します。

スポンサードリンク

回復、補助をこなす優秀な盾! 新生ドラゴメタル強のお勧め育成、とくぎ編成

従来の新生転生が「無かった」ものとされていた、ドラゴメタル。

これによってようやく、人(モンスター)並みの成長を得る結果となりました。

 

新たに習得した特技は「チアフルダンス」一つのみとなりますが、こちらはベホマラーの上位互換として利用が可能。

従って、特技編成の残り枠には、自由度高い編成が可能となりますが、お勧めとなるのは

・みがわり

・光のはどう

・ベギラゴン

の3つが最有力候補となります。

 

ベギラゴンに関しては、入手数が限られる稀少なたまごとなるので、利用には慎重になりますが、スライム系で他に候補が見当たらないことを考えると、やはりドラゴメタルが最有力と言えます。

また、ベギラゴンに代わって、同じく限定たまごの「イオナズン」も使用可能ですが、こちらは

・リバイアさま

・クローハンズ

など、すばやさが高くGPや闘技場での使用頻度が高い、ドラゴン系モンスターへの利用が望ましくなります。

 

GP、闘技場での主な役割は

・属性攻撃を使用する敵からの盾役

・回復、状態異常回復

この2択となりますが、いざという時に打てるベギラゴンを習得していると、立ち回りの幅が大きく向上。

いきなりリザオラルの特性も加わり、耐久力がアップしただけに、高火力を出せる特技を、1つは持たせておきたい所となります。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。