プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ゴルゴンゾーラ お勧めとくぎと育成法 素早さアップ&マ素パのアタッカーに活躍!


2017年最初に、ガルマザードと共に実装となったSランクモンスターとなるのが、ゴルゴンゾーラ。

DQMJ3では、転生モンスターを強化する「カラーフォンデュ」としてお目見えしましたが、DQMSLではガチャ産モンスターとして登場。

 

その愛くるしい外見から、モブキャラの様な立ち位置を想像させますが、その実態たるや強力なサポートモンスターとなります。

外観からは予想付かない、高性能&優秀な特技を取り揃えたゴルゴンゾーラについて、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

ゴルゴンゾーラ(S) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:フォンデュ(B)→くろカビこぞう(A)→ゴルゴンゾーラ(S)


ゴルゴンゾーラ(S)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
ゴルゴンゾーラ(☆なし) 606 244 381 355 392 272
ゴルゴンゾーラ(☆4) 712 287 447 420 459 321
ゴルゴンゾーラ(☆4+4) 730 296 460 430 474 331

物質系モンスターに分類される為か、耐久力と素早さは優秀なステータスを誇ります。

攻撃力も、Sランクながらそこそこで、4+4まで育成すれば450を越える合格ラインに到達。

特技の中には、状態異常へ大ダメージを与える斬撃等もあるので、攻撃力の高さも重宝します。

 

ゴルゴンゾーラ(S)とくぎ、特性、耐性

ゴルゴンゾーラ(S) とくぎ
ロストアタック(敵一体にダメージを与え、溜め状態を解除)
タップダンス(1ターン味方全体の回避率アップ)
ヒュプノスハント(眠り、混乱、マ素状態に特大斬撃ダメージ Aから引継)
ぎゃくふう(Aから引継)
なめまわし(Bから引継)
メダパニダンス(Bから引継)
ゴルゴンゾーラ(S) 特性
【リーダー特性】全系統の素早さ10%アップ
いきなりみかわしきゃく
みかわしアップ

「いきなりみかわしきゃく」に加えてみかわしアップまでを持つ為、非常に回避率の高いゴルゴンゾーラ。

耐性も優秀で、弱点となる属性攻撃は無く、また状態異常にも弱点がありません。

 

特技には、味方全員のみかわしを大幅にアップするタップダンスに始まり、ぎゃくふうやロストアタックと、補助兼アタッカーとして戦えるものが豊富。

中でも「ヒュプノスハント」は、同時に実装されたガルマザードのマ素状態にも大ダメージを与える特技となり、マ素パを編成する際のリーダーとして素早さを上げつつ、攻撃にも補助にも参加が可能となります。

スポンサードリンク

ゴルゴンゾーラ(S) のお勧めとくぎと育成法の考察

Aランクの「くろカビこぞう」から引き継ぐ特技が、どれも優秀な為、Aランクからデフォルトのままの引継でも十分な性能を発揮します。

 

ただし、マ素パーティーに組み込まない場合は、ヒュプノスハントの出番は少なくなりがちです。

加えて、状態異常に大ダメージを与える特技の多くが全体への斬撃であることを加味しますと、攻撃対象が単体となるヒュプノスハントを残すよりも、敵の状態異常を増加させる「メダパニダンス」を引き継ぐ方が、使用頻度は高くなります。

 

また、クエストでの運用を中心に考える場合は、メダパニダンスに代わって「ピオリム」を習得させることで、ターン開始時からの補助も可能となるので、用途に合わせて特技の転生を行ってみましょう。

ゴルゴンゾーラ(S) 闘技場、クエストでの使用感

全属性の素早さを10%アップさせるリーダー特性がある為、闘技場やGPでの活躍が期待出来るゴルゴンゾーラ。

 

特技の多くも、闘技場やGP向きのものが揃っており、

・ロストアタック → インヘーラーやデスカイザーの溜め状態を解除

・ぎゃくふう → ブレス攻撃主体のパーティーへカウンター

・タップダンス → 斬撃主体のパーティーへ対応

と、対峙するパーティーの特徴、攻撃パターンに合せて柔軟な対応が可能となります。

 

全体攻撃が無い為、アタッカーとしての火力には乏しくなりますが、補助兼リーダー特性による素早さアップだけでも、GPや闘技場のエースとして活躍が期待出来るので、ぜひ率先して育成していきたいモンスターとなります。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。