プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

マントゴーア お勧めとくぎと育成法 魔獣系に強力魔法アタッカーが登場!


 

10月の新実装モンスターとなる、マントゴーア。

 

Sランクのライオンヘッドより転生となり、キングレオ系モンスターと混同されがちな為、

「今まで、居なかったっけ?」感が否めないモンスターでもありますが、正真正銘の初実装となります。

 

魔獣系ではあるものの、特技構成は魔法が主体という、これまでの魔獣系とは異なるタイプのアタッカー。

とはいえ、特技の種類も幅広くなっており、クエスト、闘技場と活躍の場も高まる予感がします。

 

では、マントゴーアの詳細レビューをお送りしていきましょう。

スポンサードリンク

マントゴーア(SS) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:ライオンヘッド(S)→マントゴーア(SS)


マントゴーア(SS)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
マントゴーア(☆なし) 602 309 355 349 367 369
マントゴーア(☆4) 708 366 420 408 432 435
マントゴーア(☆4) 729 376 432 422 445 447

魔獣系にしては珍しい、賢さの高い呪文アタッカーのマントゴーア。

その反面、素早さについては魔獣系モンスターの中でも中の上程度となるので、闘技場やGPでの使用時にはリーダー特性による素早さアップが望ましくなります。

MPもそれなりに高い上、特性にはギラのコツも所有するので、魔法を主体に大ダメージを狙っていきたい所です。

 

マントゴーア(SS)とくぎ、特性、耐性

マントゴーア(SS) とくぎ
サイコバースト(敵単体に無属性の特大呪文ダメージ)
ベギラゴン
はげしいじひびき(敵全体に体技ダメージ後、確率で行動停止 ライオンヘッドより引継)
ベホマ(ライオンヘッドより引継)
マントゴーア(SS) 特性
【リーダー特性】魔獣系のHPと賢さ15%アップ
いきなりおいかぜ
ギラ系のコツ

敵一体に無属性の特大呪文ダメージを与えられる「サイコバースト」を始め、ギラ系のコツからのベギラゴンと、呪文主体のアタッカーとして活躍出来るマントゴーア。

また呪文だけに留まらず、体技、回復までをこなせるオールラウンダーとして、クエスト、GPどちらにも運用が可能となります。

スポンサードリンク

マントゴーア(SS) のお勧めとくぎと育成法の考察

Sランクのライオンヘッドより引き継ぐ特技となる

・はげしいじひびき

・ベホマ

のどちらもが優秀&稀少な特技となる為、極力デフォルト特技のまま運用を図りたい所となります。

 

ただ、魔獣系にしては稀少なほど、賢さの高いモンスターでもあるので、闘技場やGPでの短期決戦を見越すのであれば

・バギクロス

・マヒャド

といった、強力な全体攻撃呪文を取得することで、対戦相手の裏をかく戦略も狙うことが可能です。

ただし、魔獣系のなかでは素早さは決して高く無い為、レパルドリーダーなどのサポートにて素早さの底上げを兼ねていきましょう。

マントゴーア(SS) 闘技場、クエストでの使用感

安定した特技、特性を習得しているマントゴーア。

高めの賢さを筆頭に、ステータスのバランスも良く、使い勝手の良いモンスターとなります。

 

良い意味でクエスト、闘技場、GPのどれにも使いやすい構成である反面、飛び抜けた部分が

・サイコバースト

のみであるのは、若干の弱みとも言えます。

無星、+無しでも350前後のダメージを与えられるサイコバーストですが、無属性ダメージである故、ハック系によるダメージ増加が狙えないのが難点。

賢さアップや特技への+付けで補い、ダメージ増加を図る事が出来れば、クエストでの活躍が期待出来る特技となります。

 

対し闘技場、GPでの戦略は

・ベギラゴン

・はげしいじひびき

の使い分けがメインとなっていきます。

基本ははげしいじひびきをメインにしつつ、行動停止の通りづらい魔王系相手にはベギラゴン、といった使い分けが出来るのは大きな強みです。

更に、マホターン等で対策を採られた際には、回復にも回れるなど器用な立ち回りが可能となりますので、様々な場面で活用していきたい所です。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

 

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。