プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

カンダタ 新生転生後の特性、ステータス とくぎとスキルの種考察


討伐モンスターながら、SSランク。

更には優秀な特技、リーダー特性を持ち「討伐モンスター最強」と言われ、2年を迎えるカンダタ。

 

そのカンダタに、ついに・・・ついに、新生転生が追加されました!

初実装から2年が経過するも、未だにクエストでは優秀な働きを見せている討伐産SSのカンダタ。

新生転生による、更なるパワーアップに期待が寄せられますが、その結果はどのようになったでしょうか。

 

では早速、新生転生後のカンダタについてチェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク

カンダタ(新生転生) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:なし

シャンパーニの塔(超級)で取得したアジトの鍵を使用し、プレイできる「カンダタのアジト」にてドロップします


カンダタ(新生転生)とくぎ、特性、耐性

 

新生転生により、変更・追加となった特性

(赤字が新生転生で追加、変更された特性)

【リーダー特性】全属性のHP15%、攻撃力10%アップ
AI1~3回行動
ときどきマッスルポーズ
ときどきちからため
全ステータス+20
新生転生により、追加されたとくぎ
ぬすっと斬り(敵一体に斬撃ダメージ後、与ダメージの70%をMPとして吸収)
カンダタむそう(ランダムに5回攻撃し、通常攻撃の0.4倍ダメージ 確率で防御/攻撃をダウン)

新生転生によって、従来より強力だったリーダー特性のHP部分が5%アップ。

ゲームバランスを考えてのアップではありますが、それであっても優秀さが増したことに変わりありません。

 

ステータス面の増加は微増ながら、元より高いステータスだけに強力な成長には変わらず。

また、取得した新たな特技は、どちらも場面選ばず使える特技となるので、使用感は更に高まるものとなります。

 

カンダタ(新生転生)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
カンダタ LV80 618 240 440 388 341 260
カンダタ(☆4/新生転生) 724 282 515 455 400 308
カンダタ(☆4+4/新生転生) 744 302 535 475 420 328

元より高い攻撃力、HPが20ずつアップとなり、討伐ながら高いステータスを誇るモンスターに成長します。

反面、アジトの鍵を習得した上で挑む、カンダタのアジトでのドロップとなる為、討伐とは言え育成は容易ではありません。

同イベント開催期間中に、1度で☆4まで育成するには骨が折れますが、次回開催時に備え、数体だけでも取得しておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

クエストで活躍間違いない物理アタッカー 新生カンダタのお勧め育成、とくぎ編成

転生前より、

・メッタメタ斬り

・よろいくだき

と、単体・全体を使い分ける強力な斬撃を習得していたカンダタ。

 

これに加え、新生転生で習得した「カンダタむそう」は、ダメージ倍率こそメッタメタ斬りに及ばぬものの、全体へのランダム攻撃で防御&攻撃ダウンを狙うことが可能に。

更に、もう一つの新とくぎである「ぬすっと斬り」はマホトラ斬りのカンダタ版となっており、ダメージ量が高い点が特徴でもあります。

 

優秀なリーダー特性に加え、ぬすっと斬りを習得したことで、長期戦となるクエストでの使い勝手が一層向上しました。

ドレアムを持たない無課金プレーヤーは当然、ドレアム持ちにとっても、物理パの一角を担える???系モンスターとして活躍出来ます。

また、討伐モンスターとなる為、他のSSよりウエイトが低くなるので、ウエイト制限のあるクエストでも利用頻度の高い存在ですので、何よりも優先的に☆4まで育成したい存在となります。

 

ただし、素早さが今ひとつ伸びない事と、特技の多くが斬撃に偏ることから、闘技場での活躍は不向きとなります。

上記を踏まえ、育成の際にはクエストでの使用を優先し、特技の編成についてはデバフ効果&ダメージ量の優秀な、

・メッタメタ斬り

を残すことを前提とし、残る1枠には

・よろいくだき

・ピオリム

・ふうじん斬り

などを候補に挙げていき、他のパーティーメンバーとのバランスを取った特技の習得をお勧めします。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

 

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。