プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

ミニモン お勧めとくぎと育成法 Aランクのギャンブルモンスター育成すべきかどうか?


5月のらいなまにて発表された、新実装のAモンスター「ミニモン」。

GPで重宝する低ウエイトのモンスターながら、かなりアクが強く、使用に戸惑うプレーヤーも多いのでは無いでしょうか?

入手条件が容易なだけに、☆4までの育成も簡単ではあるミニモン、そのステータスを検証してみようと思います。

 

ミニモン(A) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:なし

魔法のダンジョンにてドロップ、収集出来ます。


ミニモン(A)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
ミニモン(☆なし) 429 80 119 227 420 335
ミニモン(☆4) 503 96 143 268 494 393

魔法のダンジョン周回時にドロップするミニモン。

現在、魔法のダンジョンではスキップ券も使用できるため、かなり手軽に入手出来るモンスターとなります。

また、Aランク&討伐であることから、☆4での使用が前提とされたステータスでもあります。

 

ステータスの方は、攻撃力と防御力に穴があるものの、AランクはおろかSランクまでを含めてもTOP入りできる素早さが特徴。

加えて、賢さも高いため、一撃必殺の魔法アタッカーとして活躍が期待出来るステータスとなります。

 

ミニモン(A)とくぎ、特性、耐性

ミニモン(A) とくぎ
イオナズン
ぎゃくふう
ミニモン(A) 特性
【リーダー特性】最大MP10%アップ
ちこくま(ときどき、行動順がラウンド最後になる)
小悪魔のたくらみ(偶数ラウンドにMPが大回復)

さて、特技についてですが、らいなまでも紹介があった通り、「イオナズン」を習得。

しかし、イオナズンの消費MPは88となるため、☆付けしなければ一発も撃てないという低ウエイトモンスターらしい落とし穴も。

やはり、☆4での運用が前提となる討伐モンスターとなっておりました。

スポンサードリンク

ミニモン(A) のお勧めとくぎと育成法の考察

ランクAながら、高い素早さに加え、強力なイオナズン、ぎゃくふうを習得しているミニモン。

ターン開始後の一撃必殺を期待したいモンスターではあるのですが、特性の「ちこくま」が実に厄介。

 

高い素早さを誇るため、GPや闘技場などのウエイト戦にて、一撃必殺イオナズンを発動しようにも、特性のちこくまが発動すると、行動順はラストに。

当然、穴だらけの耐性ではバトル後半まで持ちこたえることは出来ず、イオナズン発動前に撃墜されるものとなります。

ぎゃくふうも自身の行動時に発動するとくぎとなるため、素早さ通りに行動できればしめたものの、ちこくまが発動すると…目も当てられません。

 

かといって、他の特技で補おうにも、素早さ依存では無いとくぎを、敢えてミニモンに付ける必要は薄くなってしまいます。

結果、モブキャラとして牧場に置いておくか、一撃必殺のギャンブルアタッカーとして、ウエイト戦に組み込むか(とくぎはデフォのままで十分でしょう)の2択となりそうです。

 

ミニモン(A) 闘技場、クエストでの使用感

偶数ターンにMPが大回復する「小悪魔の企み」を持つものの、習得とくぎのMP消費が激しいだけに、クエストでの利用は難しいモンスターとなります。

出番があるとすれば、ウエイト戦のGPや闘技場のみ。

それであっても、「ちこくま」んぼ発動というリスキーな欠点を持つモンスターとなるので、成功は運任せとなってしまいます。

 

ちなみに、主観ではありますが、「ちこくま」の発動割合は、20~25%ほど。

ギガハンド等の特性である「こうどうおそい」と、ほぼ同確率で発動する特性となりますが、そもそも素早さが低い前提で運用するギガハンドらと比べるには、耐性も低く厳しいものとなります。

 

素早さに依存しない「ダメージバリア」の転生たまごが余っていれば考えるのですが…

それならそれで、他にも候補は出てきそうですね(苦笑)

運用の難しいモンスターとなりますが、ギャンブルだと割りきって初手のイオナズンを狙うのなら、面白い存在かも知れません。

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。