プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

デーモンキング 新生転生後の特性、ステータス とくぎとスキルの種考察


2月の新生転生で、ついに「デーモンキング」の新生転生が実装!

ついに・・・?

多くのプレーヤーにとっては、全く待ちわびていないであろう、デーモンキングの新生転生ですが、何を隠そう私がDQMSLを始め、最初に入手したSSモンスターがこのデーモンキングなのです。

 

当初はリセマラの知識もなく、S確ガチャで入手したデーモンキング(正確にはアクバー)をリーダーにし、幾度と各クエストに挑んだこと…

今思えば、デイン弱点の敵ばかり出る究極転生に、ドルマのコツ持ちデーモンキングを投入するなど、無謀過ぎる策なのですが(笑)

いずれにせよ、個人的には思い出深いモンスターの新生転生となるので、1人勝手に盛り上がってしまいました(苦笑)

 

スポンサードリンク

デーモンキング(新生転生) ステータスとお勧めとくぎ

転生ルート:

アクバー(S)→デーモンキング(SS)


DQシリーズによっては、アクバーとのランクが逆転するなど、扱いが実に雑なデーモンキング。

(ドラクエ6では、無類の強さを誇っていたのですが)

今回の新生転生により、初実装となるとくぎを2つ取得し、大幅なパワーアップを果たしました。

 

デーモンキング(新生転生)とくぎ、特性、耐性

スポンサードリンク
新生転生により、変更・追加となった特性

(赤字が新生転生で追加、変更された特性)

【リーダー特性】全属性の最大MP20%アップ
AI2回行動
ドルマ系のコツ
全ステータス+20
悪魔王の威光(毎ラウンド開始時に自分への状態異常を解除)
新生転生により、追加されたとくぎ
ドルマータ(敵全体にランダムで6発のドルマ系呪文ダメージ)
超魔力かくせい(1ターン魔力を溜め、呪文ダメージを通常の3倍に増加)

悪魔の王を名乗りながら、状態異常への耐性の弱さが目立っていたデーモンキングですが、新生転生により取得した「悪魔王の威光」により、全状態異常を自動回復出来る様になりました。

新たに取得した特技はどちらも強力で、特にクエストでは活躍を期待出来る成長となります。

 

デーモンキング(新生転生)ステータス

  HP MP 攻撃力 防御力 素早さ 賢さ
デーモンキング LV80 640 296 371 410 248 381
デーモンキング(☆4) 748 347 437 483 291 447
デーモンキング(☆4/新生転生) 768 367 457 503 311 467

新たに習得した特技は、どちらも強力ではあるのですが、すばやさの低さが目立つため、同点のカバーが必須。

呪文主体のモンスターにはなりますが、呪文ダメージには上限が設けられているため、賢さは杖による強化を含め600までを上限としたスキルの割り振りがお勧めです。

 

新とくぎ、超魔力かくせいからのドルマータが強力! デーモンキングのお勧め育成、とくぎ編成

新たに取得した2つの特技が、どちらも強力な火力に繋がるデーモンキング。

1ターン目に超魔力かくせいを発動しながら、インテによる賢さアップを受け、次ターンに3倍威力のドルマータ発動。

同コンボが炸裂すれば、大魔王ゾーマのサイコストームをも凌ぐ、大ダメージが炸裂。

 

・・・するのですが、

・討伐系ボスでドルマ耐性が低いモンスターが少ない(等倍~無効ばかり)

・すばやさが低く、連携が乗りづらい

・すばやさが低く、貯めてる間に落とされる

などの欠点も、しばしば目につく厄介な存在でもあります。

 

クエストに於けるすばやさの弱点は、リーダー特性やピオリムでカバーできるものの、闘技場で同弱点をカバーするには、オムド・レクスの「リバース」が必要に。

リバースを期待してまで、闘技場で使う必要性は薄いものとなるので(そもそもドルマは通りづらい)、やはりクエストメインの運用がベストとなりそうです。

 

なお、特技については、転生前から引き継げる

・ザオリク

・イオナズン

の2種がベストというか、それ以外の特技には必要性を感じず。

 

結局、新生転生により期待値の大きなとくぎは身につけたものの、使用場面を限定される、影の薄い存在となりそうなデーモンキングでした(泣)

 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。