プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

メタルスコーピオンがついに新生転生!!


11月に入り、初めての悪魔カーニバルとなる火曜日。

実は私、この日を2週間前から待ち焦がれていたのです。

 

何故かって?

私がDQMSLを始めて、最初にゲットしたSモンスターである、サソリアーマー。

普通なら、リセマラしてしまう様な、不遇モンスターであるものの、当時の私はリセマラの存在すら知らず

(知っていたとして、面倒だからやらなかったかもw)

このサソリアーマーを、大切なSモンスターとして大事に育成を進めてきました。

 

■ スポンサードリンク

 

それから半月、2体目のSSモンスターに転生し、メタルスコーピオンとなったものの

やはりそのステータスは、「リセマラ第一候補」と呼ばれるモンスターだけに、未だ微妙過ぎるライン。

 

ピオリム要員が他に居なかったことから、とりあえずパーティ-に連れてはいるものの

AI1~2回攻撃ながら火力は微妙、ピオリム以外の特技は不要なものばかり

と、SSモンスターながら、なぜ連れ回しているのか、自分でも悩むことばかり。

 

そこまでして、サソリアーマー ~ メタルスコーピオンを愛でてきたのも、今日この日を迎える為。

そう、こんな微妙なSSモンスターでも、新生転生が出来るのです!!

 

が、メタルスコーピオンの新生転生に必要となる「しんせいの翠玉✕3」が、自力では2つしか集まらず。

残り一個は、月が変わり、悪魔カニ地獄級の討伐報酬がリセットされるのを待つしか無く、早2週間が経過・・・。

 

そして今日、そのリセットされた最初の悪魔カーニバル地獄級が開催された訳で、当然ながら朝一で向かいました。

そしてついに・・・

110303

この瞬間に到達!!

(って、新生転生50万ゴールドって高けえなあ、おぃ)

 

メタルスコーピオン(新生転生) ステータスと特技、使用感について

 

110301

スポンサードリンク

● 転生ルート

さそりアーマー(S)⇒ メタルスコーピオン(SS) ⇒ メタルスコーピオン(新生転生)


 

いやあ、待ってましたこの瞬間を!!

あの弱体モンスターの代表格、

「リセマラしたいハズレモンスター 第1位」との呼び声も高かった

メタルスコーピオンが、ついについに・・・新生転生を達成!!

 

ステータスの上昇こそ無いものの、新たなる特性は

・AI2回行動(転生前は1~2回行動)

・みかわしアップ(これは転生前から継続)

・ライトメタルボディ(ダメージ25%減 代わりにMP消費1.2倍)

・いきなりバーハ(戦闘開始と同時に、自分だけフバーハ状態でスタート)

と、どれもイカツイ防御仕様!!

 

更には、新たな特技として

・におうだち(1ターンの間、味方の攻撃を全部代わりに受ける)

・ブレスクラッシュ(敵全体にダメージ後、息攻撃を封じる)

これらが追加され、ますます磨きのかかった補助要員っぷりを発揮します。

 

で、ここに引き継ぐ特技ですが、かなり真剣に悩んだ挙げ句、

・テールハンマー(麻痺耐性に弱い悪魔地獄級モンスターに効果を発揮させたい)

・ピオリム(コレが無ければ、メタルスコーピオンを使ってくることもなかったし)

この2つを引き継いでみました。

 

一説には、ホーリーラッシュを覚えさせ、火力アップを図るだとか、マホカンタも覚えて更なる補助要員に・・・

なんて意見も飛び交っていますが、新生転生により、ライトメタルボディを持った事による、MP消費の増加という欠点が生まれました。

これを考えると、連打の求められる攻撃的特技より、一撃で麻痺 → 次は別のを麻痺

と、消費MPを減少出来る、テールハンマーの方が、向いている様に思います。

 

実際、これまでの悪魔カニ地獄級や、究極転生の道でも、テールハンマーは使用頻度高い特技でしたので、これは残しておきたいかなと。

まあ、パーティーにデイン持ちが少なければ、ホーリーラッシュという選択肢もアリでしたね。

 

いずれにせよ、50万ゴールドと1ヶ月半という時間を掛けて辿り着いた、新生転生メタルスコーピオン。

これからも頑張って、パーティーを守ってくれる、と信じたいですね(笑)

 

■ スポンサードリンク

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。