プレイ開始3ヶ月でSS37体、魔王9体を入手した秘密


討伐モンスターをコツコツ育てて、戦略立てて遊ぶのも楽しいとは思う。
けど結局、「魔王は強い」と思うなら魔王を育てるべきだし、無課金&討伐モンスターにこだわるとか、ただの負け惜しみだと思うんだけど、どうだろう?

☆4ドレアム&ゾーマ、やっぱり欲しい!! 続きを読む⇒

SS メタルスコーピオン&ヘルヴィーナス完成!


究極転生に突入して2日。

15戦した挙げ句に、ひとつもまおうのたまごが手に入らず、自暴自棄・・・

にまではならないが、エビルエスタークの凶悪さに心は折れてしまい、とりあえずエンペラン集めに専念。

 

私などは、魔王がエスターク1人なので諦めも付くが、これ何人も魔王を引き連れているプレーヤーだったら、一体どのくらい戦いを挑み、まおうのたまごを集め続けるのだろうか。

ゲームバランスを守るため、とはいえ、魔王のたまごのドロップ率はさすがに悪すぎる様に思う。

せめて、エビルエスタークがもう少し弱ければ納得も出来るが・・・

 

まあ、DQMSLを始めて2週間足らずの私が、とやかく言った所で、長くプレイしている方達からすれば、

「なにを駆け出し小僧が・・・」と、一笑されそうなところとなるので、ほどほどにします。

 

さて、ひとまずこの数日間でエンペラン&ジェネランを大量確保できたため、これまでS止まりだったモンスター2体を、一気にSSへ転生。

まずは、SさそりアーマーからのSS転生結果がこちら。

 

■ スポンサードリンク



 

メタルスコーピオン ステータスと特技、使用感について

 

100901● 転生ルート

さそりアーマー(S)⇒ メタルスコーピオン(SS) ⇒ メタルスコーピオン(新生転生)


 

こちらのメタルスコーピオン(SS)へと、転生が完了。

ピオリム残しは絶対として、スクルトについては悩む所でしたが、とりあえず究極転生の補助要員として、今回はこの様な特技に。

また、テールハンマーが加わったことにより、究極転生1戦目の鉄球魔神、4戦目のSキラーマシン対策に利用出来そう。

いずれにせよ、コイツは攻撃担当と言うよりも、補助が中心となりそうな予感。

スポンサードリンク

転生後、HPと防御は上昇したけど、それ以外はまだまだパッとしない様子なので、能力が開花するのは、新生転生後だろうか。

 

続いて、2体目のSSとなったのが、妖女イシュダルからの転生先となります。

ヘルヴィーナス ステータスと特技、使用感について

 

100903● 転生ルート

妖女イシュダル(S) ⇒ヘルヴィーナス(SS)


 

こちら、ヘルヴィーナス(SS)となります。

リーダー特技はMP&賢さ15%アップとなるも、対象は悪魔系モンスターのみとなり、こちらは使いづらい模様。

新たに、ぶきみな光とマヒャドが追加されたが、マヒャドの消費MPを考えると、ぶきみな光による魔法防御下げが、主な仕事となりそう。

その上で、引き継ぐ特技に関して、ドルクマは決定事項であったが、ぱふぱふは・・・

 

元々の成功率が低いぱふぱふだが、+3まで育成すれば、75%まで成功率も上昇するとのこと。

だが、そもそもぱふぱふ持ちが少ないために、育成させること自体、難易度が高いとの事なので、ここはぱふぱふを諦め、今まで不足していたデイン要員に。

賢さも452と高めなので、攻撃魔法係として、立派に働いてくれそうな予感がします。

 

といった感じで、2体のSSに転生を果たしましたが、これであとはエスタークのみ。

(メタルスコーピオンの新生転生も残ってるか・・・)

現在のイベントでまおうのたまごが入手出来るまで、まだ数日ある訳ですが、やる事無くなってしまった・・・

 

・・・バズズを☆4にでもしようかな(笑)

 

■ スポンサードリンク



 

お役に立てましたら、クリック頂けると子分も報われます

スポンサードリンク

モンスターを強くするオススメ情報

コメントは受け付けていません。